オール電化とガスの基本料金

オール電化は、住宅内部で利用するエネルギーを全て電気エネルギーでまかなう事になるものです。

オール電化にすると、電気代が高くなります。

ガスを利用しなくなりますので、電気代のみを考えれば当然高くなります。
しかし、電気代が高くなると言うのは、あくまでも電気を利用する事が多くなる事で、電気代として支払う額が増えるに過ぎないわけです。


従来利用していたガスは、オール電化にする事で不要になりますので、当然ガスの利用料金を支払う必要が有りません。

また、意外と見落としやすい、ガスの基本料金が家計から消えるのです。
ガスの基本料金は、ガスを利用しなくても支払うものですから、利用した量に関わらず、出費として出ていくものとなります。

オール電化にすると、ガスの基本料金がゼロになりますので、結果的にはガスと併用をしていても、出費の額は変わらないわけです。しかし、ムダに電気を使えば、電気代を多く支払う事になりますので、節約と言う事は大切なものなのです。

オール電化は、太陽光発電を導入することで、メリットを更に活かせると言います。
太陽光発電は、住宅の屋根に太陽電池を設置し、太陽エネルギーを電気エネルギーに変換させる設備です。

太陽光発電は、日中太陽の有る時だけに発電が可能であり、夜間などは発電を行う事が出来ません。

そのため、夜間の電気代が安くなるのです。

但し、太陽光発電を導入しただけでは、深夜の電気代が安くなるわけではなく、これにはオール電化を導入する事が必要になります。

一般的には、午後11時から、翌日の朝7時までの電気代が安くなるといわれており、安い電気を利用し、お湯を沸かし貯めておくことで電気代を節約する事が出来るのです。

また、最近は、太陽光発電に充電を行う設備が導入可能となり、これを併用する事で、発電した電気を蓄積し、発電が出来ない時間帯に利用が出来る設備もあると言います。

また、オール電化にする事で空気を汚さないと言うメリットもあります。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11155063526
http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0204/55965.html
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=DP13789

フローリングの補修に関しての情報が閲覧できます。

評価の高い仙台のフロアコーティングについての情報ををお探しの方は必見です。

千葉の外壁塗装ついてはこちらのサイトでご確認ください。

厳選した神奈川の外壁塗装に関する特集が満載です。

幅広い分野の視点から千葉の住宅リフォーム情報を集めているサイトです。